経営者のための経費削減方法

経営者のための経費削減方法
経費削減 通信費の削減 住宅ローンの経費節減 リンク集

住宅ローンの経費削減


持ち家を抱えた家庭の住宅ローンは家計に占める割合が高く、大きな負担となります。
この住宅ローンの負担を減らすことは、大きな家計の経費節減となります。
住宅ローンの経費節減に関してどのようなアイデアがあるのかを考えていきましょう。

住宅ローンを利用している場合には、所得税の特別控除制度が利用できます。
住宅を取得し、平成21年から平成25年に居住を開始する場合、10年間ローンの残高の1%(残高の上限あり)が控除されます。
最大控除可能額は500万円です。
認定長期優良住宅の場合は、控除率や限度額がさらに優遇されます。
住宅を購入した場合には必ず手続きを忘れないようにして、税金の払いすぎを防ぎ経費節減を行いましょう。

住宅ローンを選ぶ際には、ローンの金利や固定金利・変動金利かどうか、返還期間などをしっかり調べた上で選択する必要があります。
住宅を購入した不動産屋まかせにするのではなく、自分で調べて有利な商品を選びましょう。
長期に渡る返済なので、金利によってトータル何百万円と違いが現れます。
銀行、財形貯金など様々な商品があるので、毎月支払える金額を考えた上で商品を選びましょう。
商品の違いだけでなく、経費節減には繰り上げ返済、借り換えなどのアイデアもあります。
支払いが可能であれば、同じ金利でも毎月同じ額を返済する元利金等返済ではなく、毎月同じ額の元金に金利額を合計した返済を行う元金均等返済の方が支払い合計額は少なくなります。
どのようにして返済残高を減らしていくかをローンを支払いながらも注意深く考えて実行する必要があります。

Copyright (C) 経営者のための経費削減方法. All Rights Reserved.